太陽光発電システムを導入すること!儲けられる要素とは

工場に太陽光発電システムを

最近では大規模な工場に太陽光発電システムを設置することが増えています。何故かといいますと工場は広いからです。屋上があったり、或いは敷地が広めになっていることが殆どですから、そこに設置できるわけです。意外と太陽光発電システムの大変なところとして置く場所と言うのがあります。また屋根に置く場合は建物の耐久性も大事です。工場であればかなり頑丈になっていますから、安心して設置することができるようになります。

戸建てに設置すること

太陽光発電システムを戸建てに設置するのであれば、自宅のエネルギーの多くを賄えるようになります。それはよいですが、そもそも戸建ての家というのは屋根の上に物を設置する設計になっていないことが多いです。ですから、設置できないとはいえないですが、家の耐久性はよく確認したほうがよいです。しかし、戸建てにも設置することはできますし、極めてメリットがありますし、お勧め出来る行為であるのは確かでしょう。よく検討することです。

発電した電気をそのまま売れる

蓄電池も一緒に設置することになります。これに電気を溜めておくことができます。基本的にどうしても電気というのは溜めにくい性質があります。それでも蓄電池はありますから、それに溜めておき、夜のエネルギーに使えます。しかし、それ以上に溜まることもあります。その時には止めることなく、発電しつづけます。そして、それがそのまま売れるようになっています。それこそが太陽光発電システムを導入するメリットの大きな一つの要素となっています。

太陽光発電の価格は、目安では1KWあたり41万円です。例えば4KWの発電能力の太陽光発電システムを導入する場合は41万円×4=164万円と考えます。