電子カルテのメリットを知って導入してみよう

電子カルテとはこういうもの

電子カルテとは従来診察の経過を医師が記入していた、紙のカルテを電子的なカルテに置き換えたものです。カルテを電子情報として一括して編集と管理をして、データベースに記録します。日本では厚生労働省が、全国の400床の以上の病院及び診療所の6割以上に、2006年度までに電子カルテを導入する事を目標としているが達成していないのが現状です。電子カルテは5年間保管の義務があるカルテの、保管場所を多く取らないで済むようになっています。

電子カルテにするといい事

電子カルテのメリットは、病名と薬剤と点検のチェックが短時間で出来る事です。今までは全て人の手でやっていたので、時間がかなりかかっていたものが素早く出来るようになっています。受付や会計が電子カルテだと検索出来るので、表示が早くなり時間がかからないです。紙カルテは搬送や片付けがあるが、電子カルテは必要がないためその分の手間も省けます。紹介状や診断書なども作成出来る事から、事務作業がスピードアップします。

電子カルテの導入方法はこうだ

電子カルテの導入方法は、受付で電子カルテを使用する時は来院情報を医療スタッフが入力するための専用端末が必要です。これで、会計処理も行います。診察室ごとのに1台づつ必要で、処置室や検査室などのカルテデータを閲覧するだけの場所では端末が必ず必要にはなりません。院内検査などの結果を入力する場合は、他部門の方が電子カルテへの入力が不可欠になるため必要になります。血液検査などの外注検査センターを剪定すると、検査結果が読み取れます。これにより導入が出来るようになるので、メーカーに連絡します。

電子カルテとは、これまでは紙に記録されていたカルテの情報が、電子的なシステムに置き換えられ、データベースに記録される仕組み、またはその記録のことです。